2008年12月05日

リアトーイン調整

2008-12-03-01.JPG

話がちょっと前後するが、
この前の記事のスパ西浦の走行の前に、アライメントをちょっといじってみた。

リアのトーがもともと20分だったのを、LSDを入れたときにアンダーになるのを恐れて15分(メーカー指定値)にしていたのだが、それを25分くらいに調整したのだ。
これでアンダーになっても、そこをうまく乗りこなせば速くなるはず、、、、。

993のリアトーイン調整は簡単といえば簡単なのだが、やっぱり結構めんどくさい。
特に困るのが、調整ボルト回したときのロッドの微妙な動きがよく分からないこと。そのため行き過ぎたり、それを戻したら戻しすぎたりと、なかなかうまくいかない。

2008-12-03-02.JPG
そこでこのような目盛りを付けてみた。トー調整用ロッドについているカバーにメモリを両面テープで貼り付けたのだ。

2008-12-03-03.JPG
カバーだけを外してみるとこんな感じ。

たったこれだけのことだか調整は格段にやりやすくなった。

それで、トーを調整してその結果はどうだったかというと、前の記事の通りぜんぜん効果無し。
アンダー傾向になるはずが、コースコンディションのせいか、それともあらためてよく見るとすでに2部山程度となったリアタイヤのせいか、おそらく両方だが、リアが滑りやすく、全くアンダーな感じはしなかった。

となるとタイヤ交換か。リアタイヤは去年の6月に替えているので、1年半ほどしかもたなかったことになる、というか、もうそんな金は無いのだが。
posted by y2 at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ガレージ
この記事へのコメント
おお!いいですねその目盛、リアのトー調整はかな〜りめんどくさいですもんね!ボクもまねっこしようかなぁ〜。
ちなみにリアのトーインはボクもトータルで24′くらいです。フロントは0です。
Posted by にゃんたろう at 2008年12月06日 23:51
この目盛りはかなりいいですよ。といってもやっぱりメモリ上で0.1ミリくらいの調整になるんで一発でピシッとは行きませんが。
10分単位ならかなり楽だけど5分単位で調整するのはやっぱり大変ですね。

トーは一応これでいいとして、キャンバーももうちょっと増やした方がいいかなと思う今日この頃です。
でもタイヤ替えたらまた状況が一変するなあ。

Posted by 山田 at 2008年12月07日 01:21
タイヤは減ってくると性能落ちてくる感じがしますよね〜。
減ってきた時のセットアップは諸説あって、繰り返し入力でケース剛性が落ちて来るのでエア圧を上げるといいとか、熱を入れすぎてコンパウンドが固くなっているのでエア圧を下げるといいとか・・・。
どっちも正しいような気もしますが、ボクの場合は減ってきた場合は少し下げ気味の方がいい結果がでています。今履いているネオバもスリップサインが出そうですが、11月の時点でベストのコンマ4秒落ちくらいまで出ました。

一度試してみて下さい♪
Posted by にゃんたろう at 2008年12月07日 19:43
ちょっとタイヤ替えようかなあという気もしてましたが、現実的にというか財政的にやっぱり厳しいので、今のタイヤでいけるところまで引っ張ります。

空気圧は、タイヤ減ってきたということと別に、今まで温間2.4位にしてたんだけど、日比野氏は2.2にしてるそうなんで、今度まねしてみようと思ってます。
Posted by 山田 at 2008年12月07日 21:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23889108

この記事へのトラックバック