2006年12月15日

ホースリール買いました

久しぶりに新しい工具、というかガレージ用品を買った。エアコンプレッサのホースリールだ。ずっと以前から欲しかったのだが、贅沢品のような気がしてずっと我慢していた。ところが、先日ストレートに行くとなんと6800円という信じられない低価格で売っている。しかも安物にありがちな細いホースではなく、内径8ミリだ。長さが7メートルとやや短いのだが、筆者のガレージではそれは問題にならない。この商品がしかも年末セールで10%OFFというので衝動買いした。


IMGP5678.JPG
安いなりのものではあるが、やはり便利。ストレートはホントに貧乏人の味方だ


まだあまり使っていないが、やはりホースリールは便利。ただ、やはり安物ということか、エアが少し漏れるようだ。うーん。

ついでにコンプレッサも紹介しておくと、なんと筆者はパッケージコンプレッサを使っている。ふつう、パッケージコンプレッサといえば一番安いものでも20万円以上はすると思うが、これはヤフオクで3万円ほどで買った。落札価格が10万を超えるかと思いながら入札したのだが、なぜかほかに入札者がいなくて、開始価格で購入できてしまった。


IMGP5682.JPG
奥がパッケージコンプレッサ。手前は以前使っていたもので、今は補助タンク代わりにしている

このように安く手に入れたコンプレッサだが、一流メーカーの岩田製。電源は単相100Vでパワーは0.75馬力とかわいいものだが、十分実用になる。というか、実際に使ってみると1.5〜2馬力として売っている安物コンプレッサより明らかにパワーがある。おそらく安物コンプレッサは表示通りのパワーが出ないのだろう。

ちなみに、コンプレッサで重要なのは本当は馬力ではなくて吐出空気量と再起動圧力だ。結果的には馬力と吐出空気量はほとんど比例するからパワーで選んでもいいが、忘れがちなのが再起動圧力である。安物コンプレッサには再起動圧力が4sなんていうのもあるが、これだと全く使い物にならない。ところが再起動圧力はカタログにも載っていなかったりするからやっかいだ。なんで一番大事なスペックを載せないのだろう。

ちなみに、うちのコンプレッサーは再起動圧力が6キロだったが、実際にやってみるともっと低かったので、マイコン式の圧力スイッチを取り付けて再起動、停止圧力をそれぞれ自由に設定できるようにした。


IMGP5683.JPG
取り付けたマイコン式の圧力スイッチ。これもヤフオクで購入して5000円ほどだった。ヤフオクは本当に何でも売っている


実験した結果、再起動圧力を7キロにしてもちゃんと動くので、現在はそのように設定して使っている。実際に使用するエア圧はレギュレータで6キロにしているので、コンプレッサが再起動するまで使っても使用するエア圧は下がらない。これが重要なのだ。

ところで、パッケージコンプレッサの最大のメリットは静寂製であり、これを購入したものガレージが住宅街にあり、なるべく音を出したくないからだ。このコンプレッサの場合、パッケージといっても中はレシプロ式。スクロールとか高級な方式ではないので、音はそれなりにうるさい。とはいえ、以前の安物コンプレッサが遠くまで響く騒音だったのに対し、このコンプレッサは音が響かない。目の前で音を聞くと安物コンプレッサよりちょっと静かな程度なのだが、ガレージの外に出るとほとんど聞こえないのだ。おかげで夜でも安心して使えるようになった。



IMGP5686.JPG
中はこのようになっている。レシプロ式だがベルト駆動なので安物コンプレッサのような打撃音っぽい音はしない。また吸気口の構造が凝っていて、これで吸気音を減らしているようだ。新品なら高い機械だけあって、それなりに手の込んだ造りにはなっている
posted by y2 at 15:58| Comment(5) | TrackBack(0) | ガレージ
この記事へのコメント
始めましてブログを拝見しました。古い内容ですが教えて頂きたいことがあります。エア圧7キロ付近でのガレージジャッキ作業ですが、プロ仕様は8キロ以上なので低めの圧ですが作業性は問題ないですか。
Posted by 有留 at 2011年02月27日 10:07
有留 さん
こんにちは。
コンプレッサーの再起動圧力は7キロですが、レギュレーターで6キロに絞って使っています。一方、私の使用しているジャッキ(ナガサキNLA-1.8)は使用空気圧力6〜10キロと指定されています(ちなみに、このジャッキシリーズは最大5トンまでありますが、仕様空気圧力は同じです)。
このように仕様の範囲内ですので、使用に当たって問題はありません。
ただ、重い車をあげようとすると上げる速度が極端に遅くなります。私にとってはそれはどうでもいいことですが、プロの方であれば、そんな遅さも能率が落ちるとして嫌うかもしれません。
Posted by 山田 at 2011年02月28日 11:54
はじまして

マイコン式の圧力スイッチを使用し、起動圧を制御されているとのことですが、配線等を教えてください。
Posted by dai at 2013年12月18日 16:51
こんにちは。配線等、と言われても、質問が漠然としているというか・・・。10年近く前のことなので忘れているということもありますが。
このコンプレッサは電気式の圧力センサーとマイコン搭載の基板が付いているタイプですので、圧力センサーの配線を後付けの圧力スイッチの配線に繋ぎ変えただけ、だったと思います。リレーを追加したりとか難しいことはしていません。
Posted by 山田 at 2013年12月18日 20:11
コメントありがとうございます。
そうですね、質問が漠然すぎましたね(^^;;

制御基板があるタイプですね、それだと交換するだけのようですね。
やはり、普通のレシプロタイプに付けるには大変そうです。

ありがとうございました。




Posted by dai at 2013年12月18日 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4406974

この記事へのトラックバック