2008年05月21日

スパ西浦で新たなる旅立ち

2008-05-21-01.jpg

久しぶりのサーキット走行に行ってきた。

いつもの美浜サーキットはとりあえず区切りをつけ、次のターゲットはスパ西浦だ。
このサーキットは今まで3回くらい走っているが、その後にいろいろ変更になり、今はライセンス講習会を受けないと走れない。その講習も受けてきた。ちなみにスケジュールは9時から10時半まで講習、11時から走行とかなりタイト。バタバタして結構大変だった。

まず講習だが、平日にもかかわらず参加者が多いのには驚いた。平日でこんな調子では、休日の講習はなかなか予約が取れないのではないだろうか。
講習自体は90分もある割に内容はごく一般的。といっても、やっぱり知らないこともあったので意味のあることだとは思う。しかし90分もぶっ続けなのは勘弁して欲しい。60分くらいに縮めるか間に休憩を挟むかしないと、せっかくいい内容でも頭に入らない。

講習が終わったらすぐに走行だ。ここでもクルマの多さにびっくり。よく分からないが20台くらいはいたと思う。いくら広いコースといってもこれは多い。実際、クリアラップは一度もとれなかった。
ということは、タイムも当然ながら悪く、1分5秒6がこの日のベスト。今までの自己ベストが1分5秒8だから一応タイムアップしてはいるが、前回の走行と比べると気温は低いしタイヤも違う。比較にならない。

2008-05-21-02.jpg
赤が今回、青が前回のベストラップ。一応、前回の走りから直すところを予習してきたので、要所要所でよくなってはいる。最終コーナーでほかのクルマに引っかかった訳だが、これがなかったとしても5秒は切れなかった可能性が高い。タイヤの違いなどを考えると、上達しているとは言い難い。
走った感じでも、ぎくしゃくしているというか、まとまらない走りだった。どこが悪いという以前に、もうちょっと練習してコースに慣れる必要がある。

さて、大枚1万円もはたいてスパ西浦の会員にもなったし、これから1年はスパ西浦を攻略したい。
目標としては1分を切る。でも先は長そうだ。これから夏、秋を練習と割り切って、タイムアタックシーズンの冬場に1分を切りたいが、そううまくいくかどうか。
posted by y2 at 17:17| Comment(4) | TrackBack(0) | サーキット

2008年05月18日

オーディオ修理

かなり以前から愛車993のオーディオの調子がおかしかったので、修理することにした。

症状は、ときどき片方のスピーカーから音が出なくなるというよくあるもの。なぜすぐに修理しなかったかというと、症状が出るのがあまり頻繁ではなかったから。

こういう、症状がときどきしか出ないトラブルの修理は難しい、というか面倒だ。それで症状が頻繁に出るようになるまで待って、ようやく修理となった。

まず症状を確認する。予想通り、、、、、正常に音が出る。だいたい修理しようとするとこうなるものだ。オーディオ周辺やスピーカーのあたりを叩いてみたりしても、やっぱり症状は出ない。

2008-05-18-01.jpg
とりあえずオーディオを外して配線をチェックしてみる。以前にグローブボックスをいじっていて症状が出たことがあったので、原因はオーディオ側だろうと予想したのだ。
ギボシ端子が外れかかったりしていないか見てみたが、そんな様子は無し。自分で言うのもなんだが、そういい加減な取り付け方はしていない。
音を出しながら配線をいじってみても症状は出ない。

2008-05-18-02.jpg
それならとスピーカーを外してみる。ここで変なことに気がついた。配線のやり方がメチャクチャ。社外品の2wayスピーカーがついているのだが、そちらのツイーターには配線がされておらず、ドアの上の方についている純正のツイーターはネットワーク(ローカットフィルター)を通さずに配線が直結されている。つまり、社外品スピーカーのウーハー側と純正ツイーターが並列に接続されているのだ。
ツイーターは低音の信号を流すとあっさり壊れるのでもう壊れているかも、と思ったが、チェックしたら壊れていなかった。
どのように配線しようか迷ったが、社外スピーカーのネットワークを通して純正、社外の2個のツイーターを両方繋ぐことにする。高音が足りない印象はあったので、せっかくあるツイーターは鳴らした方がいいだろう。

2008-05-18-03.jpg
肝心のトラブルの原因だが、どうやっても症状が出ない。しかし、どうもスピーカーのコネクタ部分の接触不良が原因かもしれない。上の写真に2個の平型端子があるが、左側、小さい方がカッチリ感が無くてスカスカなのだ。。ある程度引っぱると引っかかるので抜けることはないが、いかにも接触不良を起こしそうだ。
対策としてこの配線の途中にギボシ端子を付け、このコネクタ部分はハンダ付けした。
修理後、症状は出ていないが、もう少し様子を見ないと安心はできない。原因は別にあってたまたま症状が出ていないだけかもしれない。だからこういうトラブルは困る。自分のクルマだから気長に構えていられるが、プロの整備士は本当に大変だと思う。
今度症状が出たらスピーカーケーブルを新規に引き直した方が早いかも知れない。

ところで、筆者は以前にオーディオ(カーオーディオでなく家庭用)をアンプからスピーカーまで全部自作したこともあり、一応オーディオマニアだった(といってもスピーカー以外はキットだが)。

だからカーオーディオも懲りたい気持ちはあるのだが、やり出すと底なし沼にはまるのでなるべくオーディオにはこだわらないようにしている。
今回もスピーカーがフニャフニャの内張に固定されているのがどうもイヤで、ドアパネルの鉄板に直接固定したら音がよくなるだろうなあと思ったが、思いとどまった。
バッフル板を自作してデッドニングもして、とついつい考えるが、そんなことをしていたらオカネも手間もかかるし軽量化と相容れない。
そういえば、993にはドアポケットの前半分をつぶしてスピーカーのマウントにしたオプションがあった。一度乗ったことがあるが、かなりいい音だったなあ。
posted by y2 at 22:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 編集部993

2008年04月12日

ガレージでこんなの使ってます。

ガレージの話というと工具のことになりがちだが、高級なブランドの工具にはあまり興味がない。

興味があるのはむしろ安くてガレージで便利に使えるモノ。
100円ショップやホームセンターでそんなモノばかり物色している。

2008-04-12-01.jpg
これはオススメできる、と思うのがこれ。
畑の土にかぶせたりするための園芸用ビニールシートだ。
塗装をするとき床に敷いたり、広い面積のマスキングに使ったり、しまっておくパーツを包んだり、汚れる作業をするときに敷いたりと、いろんなことに使っている。
なにしろ50メートルで500〜800円程度なので気兼ねなくガンガン使える。

ホームセンターで売っているのだが園芸用品売り場なので、ホームセンター通いしている人でも知らない人が多いのではないだろうか。

2008-04-12-02.jpg

次は100円ショップで買ったもの。黒いトレイは本来靴を入れておくものらしいが、パーツの洗浄に使ったり、必要な工具を入れて作業時に手元に置くのに使っている。必要な工具を置いておくものというと普通はワゴンだが、リフトのないガレージでは作業する位置が低いので、トレイに入れて床に置いた方が使いやすい。

銀色のトレイは本来オーブントースター用で、外したパーツを置いたりパーツ洗浄に使う。工具専門店でもほとんど同じものが売っているが、値段が10倍も違う。

積み上げてあるカップはいわゆる食品をしまうためのもものだが、外したパーツやボルト、ナットを入れるのに使っている。3〜4個100円くらいで買える。

細長いのはピックアップツールだ。工具専門店のものよりごつくて安っぽい造りだが、使用上問題はない。

写真を撮るのを忘れたが、キッチン用のペーパータオルも大量に買い置きして使っている。
整備用のペーパーウエスも買ってみたことがあるが、むしろペーパータオルの方が使いやすい。
posted by y2 at 17:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部993

2008年03月28日

まあ、こんなもんでしょうか

2008-03-28-01.jpg

サーキット走行に行って来た。
フロントタイヤを交換してすぐに行くつもりだったのだが、毎度のことながら仕事と雨に阻まれ、やっとである。
今回は4本のタイヤが初めてまともになったことと、今回で一応、美浜サーキットに区切りをつけてスパ西浦に進出予定のため、気合いは入りまくりであった。目標は自己ベスト48秒5.5に対して47秒台突入。次のチャンスはない、という気持ちでどうしても切りたい。

まず1クール目
走り出すとまるっきり別のクルマのよう。とにかくフロントがスパッとインの方に向いてくれる。というかこれがまともな状態なんだなあと変に感心。リアタイヤは新品ではないので逆にオーバーステアになってしまうかと思ったが、そうでもなく、ちょうどいいハンドリングだった。

が、しかし、いまいちタイムが上がらない。リアのグリップが足りない。リアが外にでてしまうことはないのだが、立ち上がりで踏むとズドドドとホイールスピンする。いったんピットに戻ってリアの空気圧をチェック。
冷間2.3キロにしてあったが、計ったら2.6ぐらいだった。
3.0キロちかくいっちゃってるかと思ったがそうでもないので、とりあえずそのままコースに復帰。一呼吸入れたのがよかったのか、それからすぐに自己ベスト48秒385がでた。

続いて2クール目
空気圧は1クール目走行直後に計ってまた2.6キロになっていたので2.4キロに下げておいた。1クール目でまだ余裕がある感じだったので、47秒台は確実、と思っていたのだが、、、、

待ち時間のあいだ、なぜか緊張しまくり。どこに緊張する必要があるのか自分でもよく分からない。

で、なぜかエンジンフード開けたままピットを出てしまい、危なくそのままコースに入るところだった。直前で気が付いたけど。

コースに入るとやっぱりというべきか、突っ込みすぎてリア滑りまくり。分かっているのにやめられないとまらないのカッパえびせん状態。タイムはずっと49秒台で、48秒台さえぜんぜん行きそうな気がしない。

これはいかんとまたピットに戻り、気を落ち着ける意味でまた空気圧チェック。するとまた2.6キロになっていたので、また2.4キロに調整した。

再びコースイン。その1ラップめで力抜いて走ったにもかかわらず49秒009がでた。なにか、すごくいい感じ。もう落ち着いた。次のラップ48秒673。よしよし、これならいける。次のラップ48秒179。もうちょいじゃん。次で決めよう。

と思ったのだが、なぜか裏のストレートで3速に入れるときにシフトミス。普通、シフトアップでミスする人なんているだろうか? 

まあ、この時点でタイヤ、ブレーキともかなりやばかった。以前の自分ならムキになってそのままアタックを続けるところだが、それではタイヤも集中力ももたずに自滅する。ここは2ラップほどクーリングラップを入れる。自分も成長したなあ、とちょっと感心した。

が、さあ次のラップでもう一度アタックだ、と思った瞬間、目の前でチェッカーフラッグが振られていた。いつもは残り時間をチェックしながら走るが、このときは完全に忘れていた。成長したと思ったが実は退化していた。

というような感じで、結局タイムは前回の48秒505に対して0.37アップの48秒179となった。

2008-03-28-02.jpg
新品のフロントタイヤはこんな感じになった。けっこう溶けてる


2008-03-28-03.jpg
いつものP-BOXによる分析。赤が今回、青が前回。
ブレーキはフロントタイヤの効果で前より詰められるようになったが、感触としてはもっともっと詰められそうだった。しかし頭でそう思ってもなかなか実践できないのが下手なところ。

ちなみに、シフトミスしたラップを分析してみたら、ヤシの木コーナー突っ込みまでのスプリットタイムでベストラップよりさらに0.2秒速かった。なんでシフトアップなんかでミスするのか、、、、まあ下手だからという他ないが。

悔いが残るのでもう一回、とも思うのだが、キリがないのでやっぱり美浜はとりあえず終わりにする。48秒179。まあ、こんなもんじゃないだろうか

次からスパ西浦に乗り込み、春、夏と練習に専念して次のタイムアタックシーズンにタイムを出したい。

posted by y2 at 22:10| Comment(7) | TrackBack(0) | サーキット

2008年03月26日

手袋いっぱい

クルマいじりの時、
以前は手袋しない派だったのだが、今はすっかり手袋お手オタクになっている。

手が汚れて、その汚れが1週間たっても落ちないとかはまったく気にしていないのだが、ここ数年でやたらと手が荒れるようになった。

手荒れというか、皮がペロペロめくれるくらいはやっぱり気にしないのだが、皮膚がカチカチになってひび割れて出血する。こうなるとなかなか治らない。3日とか1週間とかいう単位ではなくて、半年くらい治らなかったりするのだ。油断するとあちこちに血を付けてしまうのでさすがに気にしないわけにはいかず、絆創膏が手放せなくなったりなったりもした。

ハンドクリームを愛用してみたりもしたが、やっぱり根本対策は手袋をすることだ。

2008-03-26-01.jpg

下中央がメインで使っている作業用グローブ。右がパーツ洗いや特にオイル汚れしやすい作業に使うゴム手袋。左はいわずと知れた軍手。整備の時よりむしろ後かたづけとかのときに使う。
上は使い捨てのラテックスグローブ。電気配線など細かい作業をするとき用。ちょっと高い耐油タイプで、耐油でないと少しでも揮発性の物が付くと溶けて破れてしまう。

これ以外にも洗車専用にしているゴム手袋とかあって、常時5〜6種類の手袋を使い分けている。おかげで今では手がきれいになった。

posted by y2 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | ガレージ

2008年03月14日

フロントタイヤ交換

2008-03-13-01.jpg

フロントタイヤを交換した。
もうちょっと限界まで使うつもりだったが、前回のサーキット走行でフロントがあまりにも滑りまくりだったのでもう見切りを付けることにした。

新しいタイヤは当然ながらNEOVA。これでようやく4輪ともNEOVAになった。


2008-03-14-02.jpg

古いP-ZERO ROSSOは両サイドの山はあるのに中央だけ減ってる偏摩耗状態。それにしても横幅が違う。計ってみたら、接地する部分の
横幅はROSSOが19センチ、NEOVAが22センチと3センチも違っていた。スペック上は同じ225-40/18なのだが、実際はこんなに違うのだ。NEOVAの方がグリップよくて当たり前という感じがする。

重量はROSSOが9.4キロ(7分山)、NEOVAが10.2キロで、やはりNEOVAの方が重い。しかし上記のように実質的な大きさが違うのだから仕方ないと言えるだろう。


2008-03-14-03.jpg

ROSSOが偏摩耗しているせいでハンドリングがかなりおかしくなっていて、ハンドルを取られることが多かったのだが、NEOVAに替えて直進安定性は非常によくなった、というかまともになった。

乗り心地も意外とよくなった。摩耗したコンフォートタイヤよりは新品のハイグリップタイヤの方が乗り心地がいいということか。

とにかく、これでようやく、本当にようやく、4輪にハイグリップタイヤを履いてサーキットを走れる。最近ベストタイムの更新が鈍っているので、これで一気に大幅タイムアップといきたいところだ。
posted by y2 at 00:07| Comment(5) | TrackBack(0) | 編集部993

2008年03月13日

エンジンオイル交換

2008-03-05-01.jpg

久しぶりのエンジンオイル交換をした。
前回は去年の7月だったので、8ヶ月ぶりになる。ただし、走行距離でいうとたったの3500キロしか走っていない。
以前は5000キロで交換していたが、走行距離が減ってきて距離より期間で考えないといけないようになってきた。

使用したオイルはいつもの通りシェブロン。しかし買い置きをちょうど使い切ったのでこの次は別のオイルにしようかとも思っている。シェブロンも以前ほど激安ではなくなってきたし、、、。

2008-03-05-02.jpg

993のエンジンオイル交換は何でこんなに面倒なのか?
面倒ついでにサイドのカバーを外して洗ってみた。
ドレンボルトのある位置に穴を開けてやろうかと思ったがさらに面倒そうなのでやめておいた。

2008-03-05-03.jpg

オイルを入れるのも面倒なのでこんなものを作ってみた。ほぼ目論見通りにできたのだが、ビニールホースがカクッと折れ曲がってしまい、オイルが全部入るのに30分くらいかかってしまった。しかしこれを改良すれば便利に使えそうだ。
posted by y2 at 16:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 編集部993

2008年02月28日

いっぱいいっぱいです

仕事が暇になったのでサーキットに行って来た。
前回が12月24日だから、なんと2ヶ月ぶりだ。

今日は晴れていたし気温もまあまあ低くて、コンディションはいい。前回、日比野氏との走りの比較でブレーキングが下手なことを再認識したので、今日はブレーキングをテーマに走ることにする。

まず1クール目。
カンを取り戻すため抑えて走ったが、それでも49秒192が出た。全然無理していなかったので、これならけっこう行けるかもしれない。でもブレーキングは、、、、、進歩無し。

2クール目。
意気込んでコースインした割には50秒あたりを行ったり来たり。ブレーキを詰めようとするとフロントが滑りまくってラインを外してしまう。ブレーキングのことを気にしすぎて走りが散漫になってしまったので、気合いを入れ直してアタック。

11ラップ目で自己ベスト48秒505が出た。すごくいい感じなので連続してアタック。しかし、途中でミスして49秒台。悔しいのでそのままもう一周アタック。48秒538。
ここでタイヤもブレーキも自分の集中力も終了。


なにしろ久しぶりですっかり腕が鈍っているかと思ったが、意外と忘れていないもので、とりあえずまともに走れた。一応自己ベストも出したが、縮めたタイムはたったの100分の7秒。今日はこれがいっぱいいっぱいだ。

2008-02-28-1.jpg
ブレーキングを詰めるつもりだったが、その面では進歩らしい進歩はなかった。というより、タイヤが終わっている。
フロントがP-ZEROロッソ、リアがneovaという半端な状態でずっと走ってきたが、フロントがこの状態。

写真だと割とまともに見えるが、真ん中だけ異常に摩耗してスリップサインが出ている。サーキットを走るときの空気圧調整がいい加減だったのでこうなってしまったらしい。最近はちゃんと温間の空気圧計って下げているが。

どちらにしてもこのタイヤは終わっているしタイヤが3月から値上げになるらしいので新しいタイヤを買うことにした。
次に走るときはニュータイヤで47秒台を目指す。

2008-02-28-2.jpg
いつものようにP-BOXのデータ。
赤が今回、青が前回だ。
タイムはほとんど同じだったが、今回は前半が遅くて後半が速かったようだ。

それにしても、タイムアタックするラップとしないラップを考えて走ろうといつも思うのだが、走り出すと忘れてしまう。今回も48秒505が出てから、2ラップくらいクールダウンして再度アタックすればもっといいタイムが出ていたような気がする。タイヤやブレーキがおいしいところでタイムをバシッと出すように1クールの組み立てを考えないといけない。



posted by y2 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | サーキット

ホイールナット塗装

実に久しぶりの更新となってしまった。
今年に入ってやたらと仕事が忙しく、ブログを更新する時間くらいはあるのだが、そのネタであるポルシェいじりがまったくできなかった。
サーキットにもまったく行けない。絶好のシーズンだというのに、、、。

以前から気になっていたホイールナットを塗装してみた。この993を買ったときから塗装が思いっきり剥げていて、ノーマルホイールだと目立たないが、今のホイールだとかなり見苦しい。

2008-02-27-1.jpg
こんな状態。自慢のホイールも安っぽく見える。

2008-02-27-2.jpg
ホイールナットを外してみると一層ひどい状態であることが分かる。911のホイールナットは以前はそう簡単にこんな風にならなかった。メッキなのか黒染めなのか知らないが塗装でなかったことは確かだ。しかし、993のホイールナットはただの塗装らしい。コストダウンということなのだろう。


塗装は本格的にやり出すと大変なことになるので、今回はかなり手抜きである。といっても一応洗い油でグリスと汚れを落としてママレモンで脱脂してかなりいい加減ながらペーパーがけもした。

ちなみに、アルミという素材はとにかく塗装が食いつかない素材だ。本来なら特殊なプライマーを使うとかいろいろテクニックがあるのだが、今回は染めQを使った。染めQは「金属も塗れる」くらいの感じでとくにアルミにいいという話もないのだが、以前に実験的に塗ったときにいい感じだったからだ。

2008-02-27-3.jpg
塗装したナット。ぼこぼこの仕上がりで恥ずかしいが、あくまで手抜きのお手軽塗装。爪でこすって剥がれなければOKということにする。レンチを当てればその部分は剥がれるが、頭が剥がれなければそれでいい。

2008-02-27-4.jpg
仕上がりはこんな感じ。

塗ったあとで、こんな商品があるのを思い出した。工具専門店のストレートで見かけていつか使おうと思っていたのだが、肝心なときに忘れていた。この塗装が剥がれてきたら今度はこれを使ってみよう。
http://www.straight.co.jp/netshop/artno/default.html?artno=36-758
posted by y2 at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 編集部993

2008年01月11日

ジャッキアダプター2度目の完売

オリジナル商品として販売していたジャッキアダプターの追加生産分が完売となりました。
お買いあげいただいた方にはお礼申し上げます。

追加生産分はなぜか売り上げが好調で予想よりかなり早く完売となってしまいました。さらに追加生産するかどうかは未定ですが、さすがにもう無理かな、と考えています。
posted by y2 at 18:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 911全般